各地でものづくりに携わっている方に会いに行き、
その方が生み出す「もの」と「人となり」に迫る新連載「こうめぐる 会いに行って、愛を知る。」

食、手仕事、プロダクトなどなど、あらゆるジャンルのつくり手の元をたずね、
何を芯にしてものづくりと対峙しているのか、そしてその人が生み出す「もの」と「人となり」に迫る連載企画です。
ここでは誌面に載せきれなかった、取材のこぼれ話や立ち寄りスポットをご紹介します!
誌面と合わせてお楽しみください。

川原隆邦さん(富山/和紙職人)

Vol.8

川原隆邦さん

(富山/和紙職人)

「和紙に興味があるわけではない」
富山県立山町で長年続く蛭谷和紙を継承した川原隆邦さんは言う。

36歳の和紙職人の言葉は力強く、迷いがない。
18年前、移り住んだ富山で
最後の蛭谷和紙職人に出会い、教えを請うた。

この美しい工藝は、「残す」のではなく
「進化」させなければ意味がない、と。

「伝統工芸」の世界に、最先端の働き方がありました。

柴咲コウさん
立ち寄りスポット

星野リゾート 界 加賀

今回の取材前日に宿泊した宿です。宿にチェックイン後、まずは館内の温泉を楽しみ、食後は宿周辺のうつわ店などを散策しました。夕食では、金沢ならではの魚介を中心としたお料理を満喫することができ、翌日の取材にむけてパワーチャージできました。

星野リゾート 界 加賀

住所:石川県加賀市山代温泉18-47

Tel:界予約センター 0570-073-011(9:00~20:00)

山代温泉「古総湯」

宿泊した「星野リゾート 界 加賀」の目の前に建つ、山代温泉最古といわれる公衆浴場。浴室の床や壁の九谷焼のタイルも当時のまま復元されており、とてもレトロで可愛らしい内装にチーム皆感動しました。洗い場等はなく、温泉のみ、というシンプルなつくりが印象的でした。

山代温泉「古総湯」

住所:石川県加賀市山代温泉18-128

Tel:0761-76-0144

さらに詳しい情報は
Discover Japan vol.77 にて

Discover Japan vol.77

掲載号

特集:
今だから新しい暮らし方を考えてみる。

いま、「地方で暮らす」ということが、どんどん身近になってきています。今回は、東京でバリバリ働きながらも地方と上手に関わり、充実した暮らしをしている方々のライフスタイルとそのノウハウをご紹介します。移住を考えていたり、地方でビジネスを考えている人に役立つヒント満載の一冊です。