各地でものづくりに携わっている方に会いに行き、
その方が生み出す「もの」と「人となり」に迫る新連載「こうめぐる 会いに行って、愛を知る。」

食、手仕事、プロダクトなどなど、あらゆるジャンルのつくり手の元をたずね、
何を芯にしてものづくりと対峙しているのか、そしてその人が生み出す「もの」と「人となり」に迫る連載企画です。
ここでは誌面に載せきれなかった、取材のこぼれ話や立ち寄りスポットをご紹介します!
誌面と合わせてお楽しみください。

八木隆裕さん(京都/開化堂)

Vol.7

八木隆裕さん

(京都/開化堂)

創業明治8年。西欧文化が取り入れられ
日本で花開いた時代の名をそのまま
店名にした開化堂は、茶筒の老舗だ。

いまも一つひとつ職人が手づくりしている。
6代目の八木隆裕さんは言う。

「工藝の価値をきちんととらえ直し、
世界に伝えたい」

柴咲コウは、伝統の継ぎ手の
アグレッシブな挑戦に目を輝かせ、たずねた。

そのためにいま、していることは何ですか?

開化堂

住所:京都府京都市下京区河原町六条東入梅湊町

Tel:075-351-5788

営業時間:9:00 ~ 18:00

定休日:日曜、祝日、第2月曜

柴咲コウさん
立ち寄りスポット

Kaikado Café

今回取材をさせていただいた開化堂さんが営業しているカフェ。
ヘアメイク開始前に、八木さんの計らいで建物の二階にあるプライベートスペースにて美味しい珈琲とチーズケーキをいただきました!
柴咲さんも大満足の美味しさ。京都へお出かけの際は、是非立ち寄ってみてください。
店内で、開化堂の茶筒を購入することもできます。

Kaikado Café

住所:京都府京都市下京区 河原町通七条上ル住吉町352

Tel:075-353-5668

柴咲コウさんのオフィシャルサイトでは、
会員限定で撮影時のオフショットや、動画も公開中ですので是非ごらんください!

https://koclass.jp/komeguru/vol07.php

さらに詳しい情報は
Discover Japan vol.76 にて

Discover Japan vol.76

掲載号

特集:
明治維新に今を生きるヒントがある。

今年は明治になってからちょうど150年。まずそもそも明治維新とはなんだったのか、どんな出来事があったのかをわかりやすく紹介。エピソード集や明治維新で活躍した代表的な人物を紐解いた図鑑も掲載しています。変化の激しいこの時代、いま改めて明治維新を知ることに、複雑な世の中を生き抜くためのヒントがありそうです。