International Edition
Discover Japan 2016年9月号

722円+税
A4変形判/192ページ
<収録コンテンツ>

・スペシャル対談:オリンピックは時代を変える挑戦の場
「TOKYOオリンピック物語」著者・野地秩嘉×ブックディレクター・幅 允孝

・選手村料理の舞台裏

・オリンピックの経済学

・東京2020招致に向けた史上最高の事例から読み解くビジネスに利く! プレゼン&ロビー活動の真髄

・特別収録
エンブレムはオリンピックのすべてが詰め込まれたアートワーク

・リオデジャネイロ大会の注目競技をおさらい

etc.
「TOKYOオリンピック物語」著者・野地秩嘉×ブックディレクター・幅 允孝
オリンピックを語る上で欠かせない一冊として、ブックディレクター・幅允孝さんが挙げる『TOKYOオリンピック物語』。巻頭では、その著者である野地秩嘉さんをスペシャル対談の相手として迎えます。長年にわたり1964年のオリンピック関係者に取材をしてきた野地さんの口から語られる、2020年の展望とは。著書には未収録の秘話も飛び出します。
東京五輪の大発明
空港やトイレなど、公共施設の情報を絵で簡潔に表す「ピクトグラム」。今では街中で普通に見かけますが、国際大会で大きな役割を果たすようになったのは、実は 1964 年の東京五輪以降のことでした。デザインの転換点となった、’64年東京大会の功績をたどります。
ONESTORY×Discover Japan+丸若屋 Case1/ vol.1「有田」“DESIGNING OUT”はじまります
創業400年目を迎えた陶磁の郷・有田で、まったく新しい切り口の地域活性化プロジェクトがスタートします。その名も「デザイニングアウト」。デザインのアウトプットを通し地域の”再生”を図ります。食を通じ、地域の魅力を再発掘する「ダイニングアウト」を手掛けてきたONESTORYと、クリエイター・丸若裕俊は、一体どんなプロダクトをつくり出すのか、制作の裏側をレポートします。

トップ