International Edition
Discover Japan 2016年8月号
アート旅でニッポンの魅力、再発見!
722円+税
A4変形判/184ページ
<収録コンテンツ>

・改めて……直島案内 新名所、三分一博志氏「直島パヴィリオン」誕生!
・アート×食の最前線 今年の最注目株は豊島だ!
・瀬戸内がアート天国になった秘密。ルーツは香川県庁にあり?
・北川フラムさんに聞く、いま地方にアートが必要な理由
・森美術館館長・南條史生さんが語る ニッポン独自の進化を遂げた、芸術祭のこれから

など
アート旅でニッポンの魅力、再発見!
アートを旅のきっかけにする。そんな時季が来ています。
瀬戸内国際芸術祭が、3度目の開催を迎える2016年。
今年の夏は、「アート」が熱いんです。
直島の一度は見たいあの作品に、豊島の名だたるアーティストの新作と、注目作を幅広くご案内します。でも何はさておき、実際に現地へ足を運んでみてください。
地域に根づいたアートを入り口に、ニッポンの魅力を再発見しよう!
ポンピドゥー・センター傑作展 鑑賞のヒント
そうはいってもやっぱり「アート」は難しい?

現在、上野・東京都美術館で好評開催中の「ポンピドゥー・センター傑作展」から、フランスを代表する現代美術作品を例にとり、鑑賞術を紹介します。展示デザインを手掛けた建築家・田根剛さんに楽しみ方を伺いました。
連載「Discover Local」
■ 透明度は抜群。この夏、海水浴は日本海へ!

 日本の地域で起きている最新事情を紹介!

・都会の特別と田舎の日常をつなぐ、山菜採り代行サービス「あきた森の宅配便」(秋田県小坂町)
・「越前クラフツーリズム」伝統工芸の里には、訪れたくなる理由がありました
・エンタメで街の未来をつくり出す ポニーキャニオンの「地域共業事業」とは?

 

トップ