International Edition
Discover Japan Vol.32
2014年2月号
933円+税
A4変形版/216ページ
■ 世界を変えた言葉にも禅のココロがありました

■  北川一成が訪ねる、妙心寺・非公開の庭

■ 日本一 外国人が学びに来る禅寺は岡山にあり

■ 超一流たちが禅に惹かれる理由

■ "ZEN" が世界語になった理由。

■ 熊本は赤をテーマに美味しい食旅    etc...
ジョブスもイチローも 世界の成功者は、なぜ禅に夢中になるのか?
禅はいまや、世界中で注目されているキーワード。日本を飛び越えてアメリカやヨーロッパのあらゆるひとびとが、ZENに影響を受けています。なぜ、彼らは禅に魅了されるのか。禅に影響を受けた超一流たちがいかにして禅を取り入れているのか。禅語、坐禅、枯山水に代表される庭、書画、寺、歴史などなど、禅の魅力をたっぷりと紐解いてみました。
あのモダンデザインも禅にヒントがありました
禅はモダンデザインにも影響を与えています。京都にある禅寺、建仁寺でおこなわれた伝説のインスタレーションでモダンデザインがなんの違和感もなく、並ぶさまはまさに禅の思想があるからこそ。バウハウスからの流れを汲むブラウンの傑作プロダクツを創りあげた、ディーター・ラムスと禅の関係について見ていきます。
ニッポンの美味しい旅 ~熊本は赤をテーマに美味しい食旅
太陽と水に恵まれ、豊かな大地を育む熊本。ここで生まれるあか牛や、天草大王など、さまざまな赤い食材を、生産現場からしっかりと案内します。また熊本に来たなら行くべきお店や、旅が一層楽しくなるようなおすすめスポットまで、大口でほおばりたくなるような食旅を紹介します。

トップ