TRAVEL

夏休みは「水」で涼む。

2019.7.12 PR
夏休みは「水」で涼む。
流し水蕎麦

立山黒部アルペンルートや長野県白馬市の玄関口である大町温泉に佇む、界 アルプス。潤沢な水を有するこの場所で、納涼イベント「つべて~水滞在」が開催中だ。「つべて~」とは、長野弁で「冷たい」の意味。本イベントでは、清廉な水の宝庫・北アルプスという環境を生かして、流しそうめんならぬ「流し水蕎麦」や、足湯ならぬ「足水」などが楽しめる。

滞在中の朝は、雁木(がんぎ)という雪よけの屋根の下で打ち水。暑さをしのぐ日本の知恵で、朝の時間を爽やかに時間を過ごせる
大浴場
露天風呂

この夏はアルプスの水の恵みを存分に体感しよう。

【DATA】
界 アルプス「つべて~水滞在」
期間:2019年7月1日(月)~8月31日(土)
   ※金~土曜の宿泊限定 ※除外日:8月9日・10日・16日・17日
住所:長野県大町市平2884-26
料金:2名1室2万9000円~(税・サ込)
Tel:0570-073-011
https://kai-ryokan.jp/alps/
※1日1組限定
※天候などの理由により、体験内容変更の可能性あり