TRAVEL

旅慣れた大人のための究極の癒し旅。
今夏、読谷村に「GLAMDAY STYLE HOTEL&RESORT OKINAWA YOMITAN」オープン!

2019.5.27 PR
  • タグ:
旅慣れた大人のための究極の癒し旅。</br>今夏、読谷村に「GLAMDAY STYLE HOTEL&RESORT OKINAWA YOMITAN」オープン!

沖縄本島の中部にある読谷村 (よみたんそん)。まだあまりリゾートエリアとしては知られていないこの地に、旅慣れた大人が愉しめる新しい形のリゾートホテルが誕生する。

それが、今年7月20日にグランドオープンする「GLAMDAY STYLE HOTEL&RESORT OKINAWA YOMITAN (グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート)」。

ライフスタイルにあったお酒を提供する「4つの食」。海と空の大スクリーンを見渡すインフィニティプール。広々とナチュラルで落ち着いた部屋。朝食は時間制限なし。滞在者の年齢制限は16歳以上。読谷村に根付く大自然と陶芸文化……。魅力的な旅を味わい尽くすためのコンテンツが揃っている。

「ホテルの居心地の良さにはこだわり抜いてます。お客様にはゆっくり過ごしていただきたい」グランディスタイル支配人の芝原さんはそう語る。オープンに先駆けて、Discover Japan編集部による独占取材で、読谷村とグランディスタイルの魅力に迫る。

沖縄の観光地化されていない観光地「読谷村

那覇から車で約1時間。読谷村は古くから中国との交易を行い、その商業史は沖縄で一番長い600年以上の歴史があると言われている。また、1670年頃に読谷独自の喜名焼が発展し、一時は歴史が途絶えたものの、沖縄初の人間国宝の金城次郎氏(故人)がこの地に工房を移し、陶芸文化が再び花開いた。中でも「やちむんの里」では、19の工房が立ち並び、それぞれが独立して営業している。作家と直接話しながら購入することもできるのがここの魅力だ。

やちむんの里
読谷村の世界遺産、座喜味城跡

世界遺産等の観光資源はもちろんのこと、おしゃれな工房、雑貨店、カフェが点在する読谷村は、ドライブや散歩をしながら沖縄の魅力に触れることができる。行く先々で出会うローカルの人々と触れ合う瞬間も魅力のひとつ。観光客で賑わうエリアとは一線を画した新しい沖縄の過ごし方がここにはある。

大自然を満喫できるアクティビティも多く、海の上を行く乗馬体験やサンセットカヤック、サップ等のマリンアクティビティも充実。まだ知られていない読谷は、大人のカップルが思いっきり遊ぶための絶好のスポットとなっている。

そんな中で芝原さんのオススメは、昔からの自然のかたちを残し、地元の方や沖縄在住の海外の方に親しまれている、どこか海外の雰囲気を彷彿とさせる「渡具知ビーチ」だ。遠浅で透明度の高い日中の青さも魅力のひとつだが、なんと言ってもオレンジに染まるサンセットの時間が魅力的だという。

渡具知ビーチのキノコ岩

沖縄の大自然と文化が詰まった手付かずの読谷村は、まさに旅慣れた大人の憩いの場。そんな読谷村の魅力にいちはやく注目し、リゾートホテルをオープンするのが、「OKINAWA GRAND MER RESORT」と「Kafuu Resort Fuchaku CONDOHOTEL」をすでに沖縄で展開しているカトープレジャーグループ。芝原さんは「読谷村の魅力も発信する場にもなればいい」と熱い想いを口にした。

「4つの食」という新しい滞在スタイル

グランディスタイルがこだわっているのが「4つの食」。BAR & RESTAURANT「TASTE」、BAR「ZANPA」、CAFÉ LOUNGE「CHILLAX」、POOL「2VISIONS」を構え、沖縄を美しくしなやかに遊ぶためのおもてなしが用意されている。器やカトラリー、照明など、すべての空間で居心地の良さを徹底して追求。中でも力を注いでいるのが、食事だけでなく大人なライフスタイルにあわせて楽しめる「お酒」だ。

▷ BAR & RESTAURANT TASTE/テイスト
グランディスタイルの料理長は、同社の「Kafuu Resort Fuchaku CONDO・HOTEL」でも料理長を務めてきた沖縄出身のシェフ。「銘酒を愉しむ料理」をテーマに、沖縄の食材をふんだんに使って、ジャンルにとらわれないお食事をすべてアラカルトで提供。珍しい沖縄の日本酒の手配も進めるとともに、ワインや泡盛、ウィスキー、地元沖縄のクラフトジン、オリジナルカクテル等常時60種類以上のアイテムを準備。また、朝食はブランチにも対応し、時間に縛られることなくストレスフリーに思い思いの時間を過ごすことができるのも、グランディスタイルの魅力の一つである。

▷ BAR ZANPA/ザンパ
大人な時間を楽しむためのバーも併設。県内の泡盛や古酒をはじめ、各国のウィスキーやシャンパン、ワイン、カクテルも取り揃えている。スローテンポな音楽と空間で日常を忘れ、大人なリゾートの夜を満喫したい。

CAFÉ LOUNGE CHILLAX/チルラックス
朝はのんびりとブランチをするためのラウンジとして、午後はカフェとして、そしてプールサイドに面しているため、夜はナイトプールカクテルを味わうバーに変身するこの空間。

▷ POOL 2VISIONS/2ヴィジョンズ
果てしなく鮮やかなブルーが広がる、面積87平米のインフィニティプール。朝・昼・夕暮れ・夜と景色が刻々と移り変わり、毎日まったく違う表情を見せてくれる。夜はプール内に設置された300個以上のLEDライトが水面を照らし、プールサイドではドリンクを楽しめる。さらに、温水プールになるため、冬でも楽しめるというのがほかにはない。年中非日常な空間を味わえるのもグランディスタイルの魅力だ。

アメニティはすべてオリジナル、素材にこだわったパジャマ・バスローブ・シーツ、香りではホテルのコンセプトを表現するなど、魅力溢れる部屋。上:ROOM+A-1+TYPE 下:ROOM+C-2+TYPE

今夏の沖縄旅、あなたはどこへ?

静かで落ち着いたホテルで心地よい海風を感じる。一日中ホテルでのんびりするのもいい。時には大自然に身を投げ出し、その土地の歴史や文化とゆっくりと感じるのもいい。こんな余裕を持った大人な旅が、グランディスタイルが提案するライフスタイルに寄り添った新しい沖縄リゾート体験だ。「大切な人と23日、できれば34日とゆっくりと過ごしていただきたいですね」と芝原さんは勧める。

都会の喧騒に疲れたら、二人だけの時間が欲しくなったら、沖縄の新しい魅力を感じたかったら、いつもとは違う旅のスタイルをしてみたかったら、大人の非日常を感じたいと思ったら……

豊かな余白のあるひと時を、読谷村で。今年の夏旅は、グランディスタイルで過ごしてみてはいかがだろうか。

***

GLAMDAY STYLE HOTEL&RESORT OKINAWA YOMITAN
(グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート)
▷開業:2019年7月20日 (土)
▷所在地:沖縄県中頭読谷村字瀬名波 571 番 1
▷電話番号:098-987-8300 (予約に関するお問合せ)
▷公式HP:glamdaystyle.jp
▷アクセス:那覇空港より車で約53分
▷部屋数:54室/4タイプ
▷駐車場:有り・バレーパーキンサービス付き
▷1室料金:60,000円〜 (素泊まり)