TRAVEL

伊勢志摩地域を代表する名宿で
紺青の海をパノラマで愉しむ

2018.7.24 PR
伊勢志摩地域を代表する名宿で<br/>紺青の海をパノラマで愉しむ

近鉄鳥羽駅に降り立って数分。主水岬を登りつつ車窓からのぞけば、潮の香りで、ここが海に隣接する地だと実感できる。
エントランスに到着すると、磨き上げられたガラス窓の奥に、鳥羽湾を一望するテラスが見える。東京五輪が開催された1964年に創業し、皇族や海外の要人を迎えてきた「鳥羽国際ホテル」。格式を感じさせる館内は、厳粛さと海辺のリゾートに見られる軽やかさがマッチしている。客室へ向かう前に立ち寄っておきたい、表のテラスへ。右手は外洋が開け、左はリアス式海岸が奏でる海食台が点在する。文句のない美観がそこにはあった。

鳥羽湾の絶景が愉しめる最高のビューアを備えたインペリアルスイート。水平線とつながるよう計算された大窓が、滞在を豊かにする。

メインダイニング 「シーホース」で
三重の食材とフレンチの美しい調和を堪能

ディナーはメインダイニング「シーホース」。入り口の水槽に揺らぐタツノオトシゴを見て和む。オーセンティックな店内で味わえる料理の主力は、伊勢志摩の恵みである山海の幸。それらを軽快に仕上げるリゾートフレンチスタイルが評判だ。濃厚でしっかりとした伝統的な味つけではなく、あくまで素材を生かした淡麗な味わい。歯ごたえやのど越しなど、五感に穏やかにアピールする仕上げには感服せざるを得ない。これもかつて「御食国」と呼ばれ、その潤沢な素材を朝廷や伊勢神宮に献上してきた伊勢志摩の地、豊かな食材を引き立てる調理法は、地場の素材を知り尽くしているからこそ。

The Seahorse 海の幸のパレット仕立て
その日に捕れたおすすめの魚介を自家農園、契約農家の野菜と合わせ、海藻のジュレとともに
総料理長 山﨑俊和。1974年入社、志摩市出身。素材を生かした繊細かつ大胆な味つけが冴える
創業当時から続く、伝統のチーズケーキ。モンドセレクションを4年連続受賞しており、カフェ&ラウンジでいただけるほか、オリジナルギフトとしても販売している

食後はレストランに隣接する「ライブラリー&バー」へ。鳥羽湾の夜景を見ながらの一杯を楽しめる。ライブラリーには、伊勢志摩の歴史や文化に関する書籍が多数揃う。
夜のとばりが下りた漆黒の景色に包まれながら、好みの酒で、もう少しだけこの贅沢な時間を味わおう。

【data】
鳥羽国際ホテル
住所:三重県鳥羽市鳥羽1-23-1
Tel:0599-26-4121
客室数:ホテル80室
料金:1泊2食付(1名)2万2000円~(税込)
カード:AMEX、DC、DINERS、JCB、NASTER、MC、UC、VISA
チェックイン:14:00 チェックアウト:11:00
アクセス:電車/ JRまたは近鉄鳥羽駅からシャトルバスで5分、車/伊勢自動車道伊勢ICから20分
施設:レストラン(洋食・和食)、バー、ラウンジ、スパ
www.tobahotel.co.jp

(text: Sayaka Sena photo: Katsuo Takashima)

※この記事は2018年7月12日に発売した『Discover Japan_TRAVEL 一度は泊まりたい! ニッポンの一流ホテル&名旅館』で掲載した記事を一部抜粋して掲載しています。