TOPICS

【京都×会津若松×新潟】この3都市への移住を考えている方必見!
移住の魅力を伝えるトークイベントを開催

2018.1.29 PR
【京都×会津若松×新潟】この3都市への移住を考えている方必見!<br/>移住の魅力を伝えるトークイベントを開催

日本有数の酒どころであり,歴史的・文化的にも様々な縁がある京都市と会津若松市、新潟市。昨今、新しい働き方、暮らし方として地域への移住の注目度が高まる中、今回はこの3都市の協力のもと、文化や暮らしの楽しみといったリアリティのある情報をたっぷりと紹介するトークイベント「三都酒処住んでる気分」を2018年2月11日(日)に開催します。

本イベントは、毎年丸の内を中心に都内で実施される「京あるきin東京」に連動し、「(enishi)~豊かな水の繋がりを感じて」(2018年2月12日~18日開催)のプレイベントとして実施します。

当日は実際に3都市での暮らしを満喫する3名のゲストに登壇いただき、それぞれの暮らしの魅力を語って頂きます。さらにトークイベント中には、各地のお酒がふるまわれ、飲み比べも楽しめます。そのお酒が育まれた豊かな自然環境、またお酒の味わいを増す食文化について語り合うクロストークに、参加してみてはいかがでしょうか。

<登壇者>
●京都市
松田明日香さん 株式会社坂ノ途中
1989年、大阪生まれ。立命館大学卒業後、就職を機に東京へ。人材系企業にて転職サイトの商品企画やサイト改善などに従事。仕事そのものや働く環境には満足していたものの、将来自分がどういう生活をしていたいかを考えた結果、2016年1月に京都へJターン。現在は株式会社坂ノ途中にて、野菜や農業に興味をもつ人を増やすために、C販促やイベント企画、外部企業との連携などを行っている。
https://social-innovation.kyoto.jp/learning/1411

●会津若松市
佐藤恭子さん
秋田県出身。東京都内の服飾専門学校で会津若松市出身のご主人と出会う。東京での子育てがイメージできず、自然豊かな場所でのびのびと子育てがしたいと思い、結婚を機に会津若松市へ移住。会津でしかできないことをしたいと、経験のない農業を夫婦で始める。会津の在来種の綿花「会津」の存在を知り、種を守り続けたいとの思いで、オーガニックコットンを栽培し、オリジナルブランド「福福福」を立ち上げ手ぬぐいを制作。現在、夫婦で奥会津の農業法人「桐の里産業」に勤務し、養蜂に力をいれている。各種イベントやマルシェで綿づくり体験のワークショップを行うほか、今年のふるさと回帰フェアではハチミツを販売した。

●新潟市
久保田健司さん
1972年、新潟市生まれ。中央学院大学卒業後、自動車部品卸売業に従事。転勤で新潟市へUターンし、飲食部門への出向を命じられ片道切符に。新潟の「おいしい」を探求する課程で、一般社団法人ピースキッチン新潟にておいしいでつながろうと、レストランバスのコーディネーターや、越後野菜プロジェクト、美食の街スペインバスク州ビルバオとの交流、などなど他地域イベントに多数巻き込まれていて、「世界で一番にいがたを楽しんでいる中年」を自称。目標は今後10年で新潟市を世界中の人達が食を求めてくる街にすること。

<ファシリテーター>
DiscoverJapan編集長高橋俊宏
1999年枻出版社入社。建築やインテリア、デザイン系のムックや書籍など幅広いジャンルの出版を手掛ける。2008年に日本の魅力を再発見をテーマにした雑誌、Discover Japanを創刊し、編集⻑を務めています。現在は同誌プロデューサーとして、雑誌メディアを軸にイベントや場づくりのプロデュース、パリに店舗をオープンし、海外発信の拠点をつくるなど、多岐にわたり活動中。

<イベント概要>
開催日:2018年2月11日(日)
時間:17:30〜19:30 (17:00開場)
場所:丸の内ハウス「ライブラリー」
住所:東京都千代田区丸の内1丁目5−1 新丸ビル7階
参加費:1000円(三都市のお酒を各1杯ご提供いたします)
参加方法:下記WEBサイトよりお申込みください
https://www.paymentform.jp/events/jncgx4ixsy
*上記申し込みフォームからお申し込みください(クレジットはVISA、MATERのみ)
*当日現金決済の方は下記まで参加者のお名前・連絡先をお送りください
問い合わせ先:info@laba.or.jp
主催:京都市  共催:会津若松市、新潟市
協力:枻出版社『Discover Japan』、地域ブランディング協会

<進行イメージ>
17:30〜18:00 ご登壇者自己紹介 (各10分程度)
*各都市の方がお話する際に各都市のお酒をご提供いたします
18:00〜18:45 クロストーク
18:45〜18:55 市職員による各市・移住支援策のご紹介
18:55〜19:10 質疑応答
19:10~19:30 一旦中締め後、交流(参加は任意)