FOOD

まるでウイスキー!? 樽熟成焼酎とは

2017.12.27
まるでウイスキー!?  樽熟成焼酎とは

いま話題の「樽熟成焼酎」。さまざまな焼酎蔵から商品がリリースされ、酒販店や飲食店でもその名を目にする機会が増えてきた。でも、そもそも樽熟成焼酎ってナンだ? お酒好きなら知っておきたい樽熟成焼酎のキホンを、おすすめ焼酎とともにご紹介。

樽熟成に力を入れている焼酎蔵も増えている

ひと言に「熟成」といっても、熟成期間によって分類が分けられている。3〜6ヶ月間の「初期熟成」、6ヶ月間〜3年の「中期熟成」、3年以上の「古酒化熟成」がそれだ。熟成させることで、特有の香味と丸味が焼酎に生じ、期間が長いほど特徴が顕著になる。そして、熟成に欠かせないのが樽の存在。樽はいわば熟成のゆりかご。焼酎の味に、色、照り、艶を与える。
現在、米焼酎、芋焼酎などの樽熟成焼酎に期待が集まっている。麦の糖化に「麦芽」を使うウイスキーやブランデーに対し、焼酎の場合に用いるのは「麹」。日本ならではの個性ある酒になりうる可能性が、樽熟成焼酎にはあるのだ。

では、実際になにを飲めばよいのか? そんな人にも試してみて欲しい、おすすめ焼酎3本をご紹介。

球磨焼酎 大石

もともと熟成という概念が薄かった球磨焼酎だが、大石酒造ではいち早くシェリー樽とコニャック樽を使用した長期熟成を実施。そうした生まれた「球磨焼酎 大石」は、樽貯蔵による深みのある味わいをもった自信作

【DATA】
内容量:1800㎖
原材料:米、米麹
等級:―
アルコール度数:25度
問:大石酒造
Tel:0966-44-0001
http://ohishi-shuzohjyo.jp

龍驤(りゅうじょう)

「焼酎は、ウイスキーやブランデーより色が薄くなければいけない」規則がある。
11 年熟成させた本格米焼酎の原酒をブレンド、再度シェリー樽で融合し熟成させた濃厚なこの一本は、酒税法上リキュール扱い

【DATA】
内容量:720㎖
原材料:本格米焼酎、
食物繊維 等級:リキュール
アルコール度数:38度
問:豊永酒造
Tel:0966-43-2008
http://toyonagakura.sakura.ne.jp

天使の誘惑

ウイスキーのような円熟味が魅力の熟成焼酎は、ハイボールにも最適。長い年月を経た芋焼酎がもつ、まろやかかつ上品な旨味とほのかな甘味をソーダ水が引き立てる。一度飲んだら、魅了されること間違いなしだ。もちろんハイボールにしても旨い。

【DATA】
内容量:720㎖ 原材料:
鹿児島県産黄金千貫、国産
米麹 等級:焼酎甲類
アルコール度数:40度
問:西酒造
Tel:099-296-4627
www.nishi-shuzo.co.jp

お酒を飲む機会が増えるこの季節。マンネリ化している人や、好きなお酒を開拓したい人は、一度、樽熟成焼酎を味わってみてはいかがだろうか。

(text:Discover Japan)
※この記事は2017年12月6日発売Discover Japan 1月号P57の内容の一部を掲載しています。