TRAVEL

2泊3日、この春めぐりたい世界遺産と日本の原風景

2017.3.22
  • タグ:

春の陽気が深まってくると、旅に出たくなるのが人の常というもの。この春、小誌編集部がおすすめしたいのは、新幹線からはじまる北陸“周遊”の旅。デザイン都市として注目される富山にはじまり、日本の原風景をのこす世界遺産・五箇山へ。2泊3日で意外とめぐれてしまう、欲張りな旅を紹介します。

1日目:北陸新幹線でデザイン都市・富山へ

JR富山駅で新幹線を降りたら、北口から徒歩約9分のところに広がる富岩運河環水公園へ。富山が寄航地として栄えた時代の歴史を伝えるのが、船溜まりを整備したこの公園。設計は建築家・仙田満氏が手掛けています。

 

公園の両岸には遊歩道や芝生のスロープが配置され、市民や観光客の憩いの場になっています。散策が楽しめるだけでなく、水と気軽に親しむことができる環境がつくられているのが特徴で、天門橋のほか、野外劇場などを備えています。野鳥観察舎とバードサンクチュアリでは、渡り鳥や動植物を観察することもできるなど、駅前に残された自然を満喫でき、園内にはガラス張りで眺望抜群の「スターバックスコーヒー」もあるので、景色を眺めながらひと息ついてみるのもおすすめです。

 

【DATA】富岩運河環水公園
住所:富山県富山市湊入船町
営業・開園時間:店舗により異なる。公園は終日開放(天門橋展望塔は9:00〜21:30)
Tel:076-444-6041(富岩運河環水公園パークセンター)
www.kansui-park.jp

 

富山駅方面に戻り、次は市街地にある「寿し処 佐々木」へ。

 

富山の市街地の一角に佇む、隠れ家的な雰囲気が漂う名店です。木製のネタ箱に富山湾の海の幸が並ぶ光景は見事。「身を傷めぬよう、富山湾の恵みや漁師さんに感謝を込めて、包丁で優しく皮を剥ぎます」と話すのは、店主の佐々木哲次さん。金沢や東京で腕を磨き、27年前に独立されました。仕込みに手間暇を惜しまず、本ワサビはその都度おろしたてを用いるというこだわり。魚のもち味を正直に引き出すことを大切にした佐々木さんのすしを口にすれば、魚の宝庫といわれる富山湾の味覚を存分に満喫することができるはずです。

 

【DATA】寿し処 佐々木
住所:富山県富山市総曲輪1-6-11
Tel:076-431-6788
料金:富山湾鮨3780円
営業時間:12:00〜14:00(2日前までに予約があれば営業可)、17:30〜23:30(L.O.22:30)
定休日:日曜、祝日、盆、年末年始

2日目:世界遺産の五箇山をめぐる

2日目は北陸新幹線とバスを乗り継ぎ、世界遺産・五箇山の相倉集落を訪れます。相倉はこぢんまりとした集落なので、合掌造りの民家の佇まいや道端の草花を愛でながら散策するのも楽しいもの。

 

相倉集落に現存する合掌造りの民家は23棟あり、周りの田畑や石垣、雪持林とともに、日本の原風景といえる景観を残しています。そのうちのひとつ「勇助」では、五箇山の歳時記や相倉集落の合掌造りの歴史などをパネルで紹介。養蚕業を営んでいた当時をしのばせる生活道具や用具も展示しています。

 

【DATA】五箇山 合掌造り集落

住所:富山県南砺市相倉591
Tel:0763-66-2555
入館料 大人300円、小・中・高校生100円
養蚕・民具・史料館 営業時間:展示館10:00~15:00
休館日:火曜、盆、正月(その他宿の休日に準ずる)

3日目:高山の奥座敷、飛騨古川へ

最終日となる3日目は、前日の宿泊地とした高山の市街地からJR高山駅へ。大きな窓で風景を存分に楽しめる特急「ワイドビューひだ」に乗り、JR飛驒古川駅を目指します。この駅から徒歩15分ほどの高台に建つのが「気多若宮神社」。創建は平安時代と伝えられる古き神社です。ここでの注目は参道の石段を登り切った先にある、拝殿横の御神木。樹齢約450年の大クヌギからは年月を重ねてきた巨樹のみがもつ貫禄が感じられます。毎年4月19・20日に開催される日本三大裸祭りのひとつ「古川祭」は、この神社の勇壮な祭りとして知られています。また、飛驒古川駅や高山駅周辺の市街地には歴史ある街並みが多く残されているので、そぞろ歩きも楽しめます。

 

【DATA】気多若宮神社
住所:岐阜県飛騨市古川町上気多1297
Tel:0577-73-2568
拝観時間・料金:境内自由

旅のシメは名古屋名物!

散策をした後は、再び高山駅から「ワイドビューひだ」に乗って名古屋駅へ。旅の締めくくりとして、味噌煮込うどんの名店「山本屋本店」に立ち寄りましょう。コシのある麺と濃厚なスープの見事な調和に、箸が進む!北陸と東海の名物を堪能し、JR名古屋駅から東海道新幹線に乗って東京へ。この春は2泊3日で、日本のデザイン・世界遺産・ランドスケープを堪能する、欲張りな旅へ出てみましょう。

 

【DATA】山本屋本店 名古屋駅前店
住所:愛知県名古屋市中村区名駅3-25-9 第1堀内ビルB1
Tel:052-565-0278
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:ビルの定休日に従う

列車で旅する飛騨→富山周遊ルート

世界遺産から日本の原風景まで。列車でめぐる欲ばりな旅はこちら。

編集後記はこちら