TRADITIONS

三重県熊野市での肩肘張らない暮らしかた

2016.10.6
  • タグ:

仕事と趣味を楽しむための移住

熊野三山に続く山々と海に囲まれた熊野市。熊野古道をはじめ、鬼ヶ城や花窟(はなのいわや)神社などの世界遺産もあり、年間を通して多くの観光客が訪れる場所でもあります。地元の人が「なんかいい」と話すこの地域では着実に移住者が増加しているそうです。髙田伊都子さんもその一人。太平洋の沿岸沿いを伊豆半島から九州まで車で旅した末に、神奈川から熊野市新鹿町へ9年前に移住してきたのです。
mie3
髙田さんが大事にしていることは仕事と趣味のバランス。普段は郵便局員として働き、休日は移住してから趣味ではじめたシーカヤックやSUP(スタンドアップパドル)を。また熊野古道の魅力に惹かれ、語り部の仕事も行っています。「報酬がもらえるから趣味だけど仕事。仕事ばかりではなく、どういう暮らしが合っていて、生き生きできるかだと思っています」と髙田さんは笑顔で話してくれました。